▶ナノバブルカウント

ナノバブル数は測定の諸要因により変わります。

ナノバブルの粒径分布
ナノバブルのカウント 粒径分布

生成直後に約1-5億個/ml 存在するナノバブルは開放(非密閉)状態では経過時間とともに数が減少しますが、24時間後にはおおむね安定状態となります。下記のグラフは開放静置24時間後のナノバブル水です。ガス種によりその数は変わりますが、高濃度でナノバブルが残留しているおとがわかります。

ナノバブルの粒径分布 ガス種別 24時間後
ナノバブルの粒径分布 ガス種別 24時間後

▶マイクロバブルの粒径分布

発生直後のマイクロバブル水を高速度ビデオ撮影し、静止画をカウントする方法でグラフ化しています。

きれいな山型は、気泡の均一性を証明しています。均一性は気泡同士の結合を防ぎ、高濃度残留がしやすくなります。

マイクロバブルの粒径分布
マイクロバブルの粒径分布

▶過飽和溶解効果

マイクロバブルによるバブリングは溶存酸素が過飽和します。

ダウンロード
リビングエナジーカタログ 2018.pdf
PDFファイル 683.1 KB