超微細気泡(マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブル)とは何か・・・定義と挙動

▶≪ナノバブル=ウルトラファインバブル(UFB)≫

ナノバブルのサイズ、マイクロバブルのサイズ
ナノバブルのサイズ マイクロバブルのサイズ

ナノバブルの観察(位相差顕微鏡)
ナノバブルの観察(位相差顕微鏡)

ナノサイトによる動画。

当社装置による生成ナノバブル水1mlあたり0.1~10億個のナノバブルが定量化されています。

※諸要因による数は変化します。

 


≪マイクロバブル=ファインバブル(FB)≫

マイクロバブルとナノバブルの大きさの違い
マイクロバブルとナノバブルの大きさの違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自治医科大学循環器内科プレゼンファイルより転載」

およそ10-50μmの気泡群が雲のように水中をただよいます。マイクロナノバブルと呼ぶこともあります。

マイクロバブルの吐出の瞬間
マイクロバブルの吹出
シルクイン マイクロバブル入浴システム
シルクイン マイクロバブル入浴システム

 

はじめての洗浄技術工業調査会・日本産業洗浄協議会編より転載

 

▶≪ミリバブルーセンチバブル≫

ジェットバス マイクロバブルとの比較
ジェットバス マイクロバブルとの比較

0.2-2㎜超(ジェットバス)

バイブラバス マイクロバブルとの比較
バイブラバス マイクロバブルとの比較

2-10㎜超(バイブラバス)


▶用語の定義

マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブルの定義
マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブルの定義

▶挙動と基本特性

下記図をクリックで詳細ページへ

マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブルの挙動と基本特性
マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブルの挙動と基本特性
実験用ラボ用テスト用超微細気泡発生装置
ラボ用テスト用実験用マイクロバブル、ナノバブル、ファインバブル発生装置