▶流体可視化

医療機器の開発や、人工水系の流れの確認などの用途がございます。

岡山理科大学 堀研究室 ≪マイクロバブルによる流体可視化法≫

マイクロバブルによる流体可視化法

▶マイクロバブルによる有機合成法

出展:静岡大学間瀬研究室

間瀬暢之 (MASE, Nobuyuki)博士 (工)、教授

マイクロバブルによる有機合成

▶その他、洗浄/除菌/消臭/水質浄化など様々な目的での実験に使用いただいております。