1 レットチェック液のオゾンナノバブルによる分解試験

 試験方法:水槽へ7リットルの水道水を用意し、適量(30cc)添加し、軽く撹拌したレッドチェック溶液を製作し、下記写真の通り、オゾンNBを循環して、60分後および90分後にサンプリングを行った。

 

 

 

 

 

 

原水 60分後 90分後

 

0分後の運転中の状況:左の開始直後の状況と比べ赤が薄くなっている

 

90分後運転停止後、5分経過した状況:やや薄いピンクの透明な液体となった


2 陸上養殖施設

マレーシアでの海水魚の陸上養殖施設。約5トンの貯水槽(ナノバブル生成専用水槽)でナノバブル水を生成し、各個別の水槽へ配水するシステムです。

導入装置:LEX300(特別仕様)


台湾の陸上養殖施設。浮上濾過により水中の汚れを除去し、水質を維持することができる。

養殖場では、エア残渣などの浮上濾過やDO濃度維持なでに期待できます。

導入装置:UB600/60

※詳細はお問合せください。

 


3 庭池(錦鯉池)の浮上濾過、水質浄化

マイクロナノバブル発生直後

(30分後)

汚れが除去され、十分な酸素供給により、水が活性化され、ストレスフリーの鯉に優しい環境が実現します。

 

(数分後)

水中の汚れや、壁面から剥離された汚れが泡とともに浮上します。浮上した汚れは回収除去しやすくなります。

 

 

水中の汚れとマイクロバブルがくっついて浮上する。

NHKサイエンスゼロ』NHK科学・環境番組部編より転載

 


4 フローティング式マイクロナノバブル発生システムUFOによる池浄化